最近多い水没機の状態 他のお店で修理する時の注意

今回の記事は、最近水没修理で最も多く見られる水没の原因についてです

皆さんは ガラスが割れた時 修理を申し込む際どんなところに注意していますか?

 

最近発売されてるiPhoneが防水と思っている方がかなり居ますが、それは間違いです

 

iPhone6SPlus / iPhone6S   粉塵機能

iPhone7Plus / iPhone7       水深1m30分の耐水性

iPhone8Plus / iPhone8       水深1m30分の耐水性

iPhone X                               水深1m30分の耐水性

iPhone XR                             水深1m30分の耐水性

iPhone XS Max /iPhone XS  水深2m30分の耐水性

 

良く聞く事ですが ヒカキンが防水って言ったから防水と思ってる人や ショップ店員が防水と言ったから 防水と思ってる と言った方がかなりますが

 

詳しくは、正規メーカーの 比較をご覧下さい ここをクリック

上記をお話しした上で下記を確認下さい

iPhone6Sから 最新機種のiPhoneXS まで、この青いシールド

パッキンが付いてます

画面割れなどの修理を行っているお店で、このパッキンを張り替えて居ないお店が大分市内には沢山あります

 

他のお店でこのパッキンを張り替えしていない所の本体は

全て 水没します

 

今月に入りかなりの数のパッキンの張り替えをしていない本体が

水没修理で持ち込まれてます

画面がこの様に割れた際の注意

 

シールドパッキンを張り替えてくれるのか確認をして下さい

 

iPhone X    iPhone XS Max     iPhone XS  この3機種に付きまして

上記3機種は 有機LEDと言うパネルになるため ガラス交換が

非常に高くなります

 

こちらも通常2種類のパネルがありますが

必ず修理される前に HQパネルなのかを確認してから修理しましょう

当店では上記記載の内容は 有機HQパネルを使っていますので

修理代が高くなります。 勿論シールドパッキンも張り替えております