HPノートパソコン規格外改造

と言う事で規格外改造をしてみました

元々低スペックなノートパソコンだった為 何をするにも遅い

と言った感じでした

改造前

CPU 

AMD Sempron™ プロセッサ SI-42 (512KB L2キャッシュ、2.1 GHz、3600MHz HT)


メモリー DDR2/2G


HDD 160GB (5400rpm)


改造後

CPU

AMD Turion X2 Ultra ZM-85 - TMZM85DAM23GG ZM-85


メモリー プラス2G


HDD を SSDに変更

ややCPUが安定しない感じですが規格外ですからね


ノートのCPU交換というのは一般的に行う方は居ませんw


後規格外ですので改造するとメーカの保証は無くなります


今回OSには win10を入れてますが 以前居比べてかなり良くなったと言う感じです


今回の改造目的は シングルCPUをダブルコアに交換 ハイスペックに改造といった感じです


CPU載せ替えは 簡単にできる物では有りません 規格が同じでも合わないことも有りますので

よく調べてからやると良いです


勿論自己責任ですが

昔良くやった改造ですが


規格外で CPU載せ替え マザー載せ替え 電源規格外の大きさを

無理矢理スリムタワーに PCケースを段ボールで作ったり等々