iTunesの使い方

iTunesとディバイスを繋げたらデーターが消えないようにする方法

 

 

上記メニューから、編集をクリックしてメニューから設定を選択します

 

 

設定項目の上記からディバイスを選択します

 

 

青で囲いの有る部分の空欄にチェックを入れると、ディバイスを繋げても自動同期しなくなります

同期の種類

 

手動同期の範囲をあらかじめ決めておくのも良いでしょう

これは人それぞれの環境で設定しましょう

バックアップと復元

 

 

まず、ディバイス側で 設定をタップします

 

 

設定から、iCloudをタップします

 

iPhoneを探すを オフにします。

この操作をしていないと、最新のiTunesでは警告が出ますが

古いiTunesで行うとAppleのロックがかかります。

バックアップは必ずパソコン内部に保存するようにしましょう

iCloudでは、消える事があります

パソコンがご家庭に無いい場合は、googleやドロップボックス等のCloud

サービスを使うと良いでしょう

データーの暗号化は、基本的にしない方が良いでしょう

万が一の時暗号化にしてるとデーターのお取り出しは

不可能となるほか、脱獄したくても出来ない等の現象が起きます

準備が出来たらバックアップをします

 

出荷時に戻す場合にこのボタンを押します

 

 

事前にバックアップしたデーターを復元する場合このボタンを押します